第57回

日本胆道学会学術集会

根治と良好なQOLを目指して

会長挨拶

中郡 聡夫

第57回日本胆道学会学術集会会長

東海大学医学部消化器外科教授

第57回日本胆道学会学術集会を、2021年10月7日(木)-8日(金)に神奈川県横浜市の新横浜国際ホテルで開催させていただきます。是非、多くの内科医・外科医・放射線科医・病理医・その他の医師・研修医・研究者・メディカルスタッフ・企業の皆さまのご参加をお願いいたします。

本学術集会のテーマは「根治と良好なQOLを目指して」といたしました。根治と良好なQOLは、胆道疾患の治療において最も重要な目標ですが、この二つを同時に達成することは決して簡単なことではありません。


しかし最近、根治と良好なQOLを目指した研究と開発が進みつつあります。例えば、胆道内視鏡やCT/MRIを駆使した術前診断、手術シミュレーション、術前・術後の補助化学療法、栄養療法、腹腔鏡下手術やロボット手術などです。また急速に進歩している人工知能(AI)・深層学習(Deep Learning)も術中映像データを用いた危険回避などへの応用が研究されており、手術成績の向上に貢献することが期待されています。本学術集会においても多くの参加者の熱意と努力により、根治と良好なQOLに繋がる研究がさらに進むことを期待したいと思います。

会場である新横浜国際ホテルは、新幹線停車駅であるJR新横浜駅から徒歩3分と交通の便が極めて良好です。また、新横浜は横浜市の中で最も急速に発展しており一層魅力的な街に変貌しつつあります。

この学術集会が参加者の皆さまにとって実りある会となることを心から期待いたしまして、ウェルカムメッセージとさせていただきます。

 

開催概要

会期

2021年10月7日(木)-8日(金)

メインテーマ

根治と良好なQOLを目指して

会場

新横浜国際ホテル

大会長

中郡聡夫 東海大学医学部消化器外科教授

 

開催概要

学会名

第57回日本胆道学会学術集会

The 57th Annual Meeting of the Japan Biliary Association

メインテーマ

根治と良好なQOLを目指して

会期

2021年10月7日(木)・8日(金)

会場

新横浜国際ホテル​

〒222-0035 神奈川県横浜市港北区新横浜 3-18-1

TEL045-473-1311 

会長

中郡聡夫 東海大学医学部消化器外科教授

演題募集期間

2021年2月8日(月)-3月22日(月)

主催

日本胆道学会

学術集会事務局

東海大学医学部消化器外科

〒259-1193 神奈川県伊勢原市下糟屋143

運営事務局

株式会社日本旅行 東日本法人支店

〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町10-11

TEL 03-6892-5104 FAX 03-6892-1830

E-mail jba_57@nta.co.jp

ダウンロード

ポスター         バナー 

第57回日本胆道学会学術集会バナー
jba57_poster.jpg
biliary.jpg

協賛募集

第57回日本胆道学会学術集会では、学会の趣旨に賛同の上、ご協賛いただける企業等を募集いたします。
本学会へのご支援とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

 
 
医師のデスク
  • 2020/10/01 サイトを公開しました

お知らせ

Copyright © The 57th Annual Meeting of the Japan Biliary Association. All Rights Reserved.